溶射 溶射装置 溶射材 表面処理

  • 溶射 スルザーメテコ
  • ■溶射とは
    溶射とは、燃焼あるいは電気エネルギーを用い、金属、プラスチック、セラミックスなどの固定物質を加熱し、溶融または溶融に近い状態にして、ガスまたは圧縮エアーによって母材の表面に吹きつけるという技術です。
    ■溶射の目的
    溶射は、耐食、耐摩耗、間隙調整、耐熱、絶縁・導電性といった目的のために用いられる手法であり、これによりそれぞれのニーズに合った皮膜の設計が可能であり、結果としての寿命の延長によりその後のメンテナンスコストが低減され、また部材のリサイクル化が可能になるといった様々なメリットがあります。
    ■溶射方法・材料について
    さらに、溶射方法は熱源の種類によって分けられ、酸素・アセチレン混合ガスの燃焼炎などのガス炎をガスジェットにより吹きつける、燃焼ガス式溶射や3電極プラズマ溶射ガンにより、定電流定電圧のアルゴンガスプラズマが3つ作られた後に、プラズマジェットを1本に収束させてノズルより噴出させるプラズマ式溶射など、熱源の種類によって分かれます。そして、上記述べた各種の目的に合わせ、溶射材料も様々なものが用意されており、例えば耐食・耐酸化性または電気伝導性・電磁シールド付加を目的に使用するなら金属・合金・サーメット、クリアランス制御を主な目的として使用するならアブレイダブルとプラスチックなど、目的と材料の最適な組み合わせにより効果を最大化させることができます。
    ■溶射ならスルザーメテコ
    より詳細は、ありとあらゆる溶射プロセス、溶射材を揃え、アプリケーション開発、バッチ式から大量生産へのエンジニアリングが可能なスイス生まれの溶射総合メーカー、スルザーメテコジャパン株式会社へ。


  • 表面処理 スルザーメテコ
  • ■表面処理とは
    表面処理とは、材料の表面を強化し、性質を高めるために行われる機械工作法の一種です。主な目的としては、耐摩耗性、耐食性、耐熱性、絶縁性・導電性・潤滑性・密着性などの様々なものがあります。また、装飾を施したり、美観向上のために表面処理を行うこともあり、溶射と並び材料プロセス技術分野でスルザーメテコジャパンが擁する代表技術の一つです。
    ■金属皮膜処理
    金属皮膜処理としてのメッキは、金属などの材料表面に金属自体の薄い皮膜を被せることをいう。目的としては、耐腐食性を高めるために行うことが多く、被覆する金属は酸化しにくい金属を用います。また、装飾性を高めたり、高級感を出すためにプラスチック上に金などで鍍金加工を行うこともあります。 また、非金属皮膜処理としては、プラスチックを薄板状に金属表面に貼り付けるプラスチックライニングと言われる処理や材料などに金属等をコーティングしたりする処理方法が用いられます。
    ■化成処理
    さらに金属等を溶液に漬け着色する化成着色という処理があり、亜鉛やアルミニウムに対してクロム酸塩を用いて行われる、クロメート処理は化成処理の代表的な処理方法である。この方法では、金属を六価クロムを含む溶液に浸漬することで、表面に酸化皮膜が生じ、耐腐食性を高めることができます。ただ、現在は六価クロムは環境破壊の虞ある物質であるため規制が施されたため、三価クロムに置き換えられ処理が行われています。
    ■表面処理ならスルザーメテコへ
    表面処理についてのより詳細は、表面処理のプロフェッショナル、スイス生まれの溶射総合メーカー、スルザーメテコジャパン株式会社へ。

    溶射入門

    皮膜を形成するコーティング技術・・・あらゆる産業機械の寿命・性能向上、コストの削減のために

    溶射とは

    溶射とは 溶射とは、皮膜を形成するコーティング技術の一種です。

    詳しくはコチラ

    溶射の目的

    溶射の目的 溶射は磨耗防止、腐食防止などの用途で様々な場所で利用されています。

    詳しくはコチラ

    溶射装置

    溶射装置 溶射は熱源の種類によって、燃焼ガス式溶射、プラズマ式溶射などに分けられます。

    詳しくはコチラ

    溶射材料

    溶射材料溶射装置に使われる溶射材料は目的により様々なものが用意されています。

    詳しくはコチラ

    おすすめサイト!!